命の母ホワイトと命の母Aの効果で違うこととは?【The Complex】
HOME>トピックス>命の母ホワイトと命の母Aの効果で違うこととは?

命の母の種類

サプリメント

命の母には、命の母Aと命の母ホワイトがあります。この2つのサプリは、生理痛や更年期などの女性の病気や痛みなどの症状に効果があるようです。ただ、どれを飲むといいかは、その方の年代で異なります。

命の母Aの効果

サプリメント

命の母Aは、40代~50代の女性の方にオススメなサプリです。何故なら、命の母Aは更年期特有の症状に効果が高いからです。更年期には、精神面に現れるイライラや不安・倦怠感などの症状や頭痛や肩こり・ほてりなどの身体的症状があります。このような様々な更年期の症状は、命の母Aを飲むことで、和らげたり解消したりすることが出来るようです。

命の母ホワイトの効果

命の母ホワイトは、生理の際に起こる生理痛や頭痛などの痛みに特に効果的なようです。それに、月経前症候群と言われる月経前のイライラや落ち込んだ気分・生理不順や冷えなどにも効果があります。そのため、20代~40代くらいの年代の方に、命の母ホワイトは推奨されているようです。また、命の母ホワイトは、漢方医学の考え方を元に成分が配合されています。漢方医学では、血が循環しないで滞ると不調に繋がると考えられているようです。そうならないように、全身の血を循環させる効果がある成分を配合して、生理中や月経前症候群の症状を改善する効果を発揮させているのでしょうね。

命の母に配合されている生薬について

命の母Aには、更年期の症状に効く13種の生薬が配合されています。それにより、特に精神的な症状に効果があるようです。また、命の母ホワイトには、生理時の不調に効果のある血行を促進する複数の生薬が配合されています。その中にあるタクシャという生薬は、頭が重たい・だるい等の症状に有効なようです。